ラティースより安いまつげ育毛剤

医療用まつげ育毛剤であるラティースは処方箋が必要となり医療機関で処方してもらうしかありません。病院に行かずにまつげ育毛剤を手に入れる方法は通販にあります。

ラティースより安いまつげ育毛剤をインターネットで探す女性

ケアプロスト使用時期とまつげ以外に塗るとニキビが?!

まつげ以外にもケアプロストを縫ってニキビが出来てしまい悲しい女性まつげにボリュームが無い、短いといったコンプレックスを解消してくれるのが、まつげ育毛剤です。
ドラッグストアなどでも販売されている、まつげ育毛剤ですが実は医薬品もある事をご存じでしょうか。

ケアプロストというまつげ育毛剤は、美容皮膚科などクリニックで処方されている、医薬品のまつげ育毛剤です。
ケアプロストは本来、緑内障の治療に用いられてきた点眼薬でした。
緑内障患者は眼圧が上がる為、眼圧を下げる作用のあるケアプロストを治療に処方していたのですが、この点眼薬を使っていた緑内障患者の中に「まつげが伸びた・太くなった」という副作用の事例があった為、現在では副作用を逆手にとり、まつげ育毛剤として処方するようになったのです。

アメリカの厚生労働省にあたる、FDAもケアプロストがまつげの育毛に有効と認可している程、効果には優れています。
毛包というまつげにある組織を刺激する作用があり、まつげが成長する時期を長くする作用や、メラニンを増やしてまつげを濃くする作用があると言われています。
使い方も簡単で専用のアプリケーターやブラシで、液をサッと一塗りするだけです。
緑内障の治療薬ですので、目の中に入らないよう塗りましょう。

塗る時期ですがアイメイクを落とした、夜に塗るのがお勧めです。
この時期以外に塗ると、液が目に入りやすくなってしまうので、寝る前がつけるタイミングです。

育毛に効果的という事で、眉毛などまつげ以外に塗ってしまう方もいますが、この使い方はお勧めできません。
まつげ以外の部分に塗ると、ニキビなどの肌トラブルを引き起こす恐れがあります。
特に眉毛はニキビができる事例が多いので、ニキビを作りたくないという方は、まつげ以外には使わないようにしましょう。